4.ヨーヨーの最近のブログ記事

20160913.PNG

先日行われたヨーヨーの世界大会(World yo-yo- contest 2016)において、弊社で製造しているTurningPointのヨーヨーを使用した、松浦選手が見事優勝されました。
松浦選手おめでとうございます!

月1回の更新となっているこちらのBLOG。

ノルマとして、月1回は更新するようにしているのですが、
どうしてもフェイスブックからのネタになってしまいます。

と言う訳で、今月の更新もフェイスブックから。

20140817-3.PNG
World Yo-Yo- Contest 2014において、弊社で製造したTurningPointのヨーヨーが
世界チャンピオン使用機種となりました。
松浦選手、優勝おめでとうございます! また使用して頂きありがとうございます!
20130511.png
2013年 全日本ヨーヨー選手権大会MODS部門において、弊社で製作したオリジナルヨーヨー「GOEMON(五右衛門)」が優勝致しました!

随分前になりますが、オリジナルヨーヨーを製作しようと思ったキッカケは、今回審査委員長を務めらた紺本さんのヨーヨー
ノスタルジア」を拝見したのが始まりでした。

GOEMON2012.png
GOEMON(プロトタイプ2)が完成致しましたので、以前ご案内させて頂いたプレゼント企画を実施させて頂きます。


今日より2日間、こちらのBLOG右側にある「お問い合わせフォーム」より応募してください。
うまく送信できない場合は、ホームページに設置してある「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
抽選で1名の方に、GOEMONをプレゼント致します。
沢山のご応募ありがとうございました。

必要事項は、
①お名前
②発送先のご住所(郵便番号から)
③発送先のお電話番号
④GOEMON企画への応募
以上の4点を明記して送ってください。
kainer1.png

ターニングポイント、ジャパンテクノロジーの2ブランドから同時に新機種登場です。


GOMEMON-CAP.PNG
またまた時間が開いてしまいましたが、ルーピングヨーヨー「GOEMON」(プロトタイプ第2弾)のキャップの図面ができあがりました。

加工は今月中を予定しております。
お待ちいただいている方にはご迷惑をお掛け致しますが、もう少々お待ちください。

GOEMON記事の次回の更新は、いよいよ完成後の写真をUPさせて頂きます。(^_^)/

先週フロリダで行われたヨーヨー世界大会において、弊社で加工したヨーヨーが2部門で世界チャンピオン使用機種となりました。

1A部門のマーカス・コウ選手が使用した、「Positron」と、4A部門の岡田直人選手が使用した「Kamui」です。

日本人選手は6部門中、4部門で優勝と大健闘だったようです。

http://www.j-cast.com/2011/08/11104227.html

rera1.jpgヨーヨーブランド「JapanTechinology」より、「Rera」が新登場!

何度も試作を繰り返し、やっと出来上がった製品です。

最高の状態で加工しておりますが、以下の点についてご一読下さい。

ギャップ調整の為、スペーサー後ろにO-RINGが入れてあるのですが、これが個体差があり平行が出にくくなっております。

O-RINGやワッシャを取れば、ブレの無い状態で綺麗に回るのですが、O-RINGやワッシャを入れると若干ブレが発生致しますのでご注意下さい。

goemon-2.png前回のBLOG記事から約1年、少しずつではありますが、GOEMONの制作を進めております。

あとはキャップの制作のみとなりました。
現段階でも、かなり使いやすいヨーヨーに仕上がっておりますが、世界一を狙うヨーヨーに仕上げたいので、まだ時間が掛かりそうです。

キャップ制作が終了し、このプロトタイプが完成しましたら、こちらのBLOGでプレゼント企画を行います。
いつになるかは分かりませんが、お楽しみに!!

LEV3.pngヨーヨーブランド「ターニングポイント」から、新機種「リヴァイアサン3」が発売開始!

今回は「安定感」よりも「動かしやすさ」を重視した形状となっております。

右の写真はヨーヨーストア「リワインド」さんよりお借りしました。

ご来場ありがとうございました!!!

tcn1.png
無事、展示会を終えることができました。

| コメント(2)

techni2011.png以前からお伝えしていた、テクニカルショウヨコハマ2011が、いよいよ明後日の2月2日~2月4日まで、パシフィコヨコハマで行われます。

弊社は心技隊の一員として出展いたします。

vortex1.jpgアーティストさんとのコラボレーション企画もいよいよ終盤に差し掛かってきました。

「いいblogネタになるな~」と考えていた当初の思惑通りにはいかず、通常業務をこなしながらの製作は予想以上に大変で、休日は全てこの作品に使っている状態です。

blogがやっと更新できたのも、一番大変な各ヨーヨー同士の接着が終わり、2日間乾燥させるために時間ができたからなんです。

| コメント(4)

遅くなりましたが、皆様 明けましておめでとうございます。

2011年もどうぞ宜しくお願い致します。

| コメント(4)

来年の2月2日~4日にパシフィコ横浜で開催される「テクニカルショウヨコハマ2011」に、「心技隊」の一員として出展します。

今回の出展作品は、町工場アーティストがコラボレーションして製作した、芸術的な「何か」になります。

大きく分けて、作品は2つになる予定です。

puchi-1.pngTurningPointからシリーズ最小のヨーヨー「タラスクス」登場。

「こちら」スピンギアさんで、販売しております。
(記事を書く前に売り切れてますが。。"^_^")

サイズは直径39mm。

右の写真では、オレンジのヨーヨーの上に乗っている小さいヨーヨーがタラスクスです。

clover-2.pngTurningPointのヨーヨー「RT」をベースに、僕がデザインしたクローバー模様をあしらって新機種「Clover」を製作致しました。

クローバー模様は弊社の複合旋盤で機械彫刻しております。

こちら」スピンギアさんで販売してますので、是非お買い求め下さいませ。

品質は今迄通り、大会でも使えるよう高精度で仕上げております。

| コメント(4)

yyn-2.pngYo-Yo-Night vol.2 に行ってきました。

今回は、BLACKさん初の著書

「好き」をつらぬこう

の出版記念イベントということで、本の販売も行われていました。

ツイッター率も高く、トークタイムにツイートしている方があちらこちらに。。

positron1.png世界各国のヨーヨープレイヤーから高い評価を得ているヨーヨーブランド「Turning Point」から、またまた新機種登場。

その名も「Positron

先日発売した「MAXBET」と直径は同じ56mmですが、重量はやや軽くなり、幅も広がった形状です。

現在はTurningPointの加工担当として、切削加工のみ行っておりますが、今後はTurningPointの新しいジャンルを作る為、設計も行っていこうと思います。

先程も、今後の製作についてTurningPointの木村氏と打ち合わせを行いました。

世界中のヨーヨープレイヤーから高い支持を得ているヨーヨーブランド、
maxbet1.png
TurningPointから直径56mmの最新機種
MAXBET登場。

3A部門現役世界チャンピオン・木村健太郎さんが生み出した究極の3A用ヨーヨー。

加工に関しては、誠心誠意、妥協無く、社内一丸となって弊社で加工しております。

世界で活躍するTurningPointのヨーヨーのため、日本の町工場の意地と加工屋の魂を込めて、最終工程は1つ1つ私自身が責任を持って仕上げております。

nipponmaru.png桜木町で行われたヨーヨーの全国大会を見に行ってきました。

残念ながら娘たちは興味が無いようだったので、妻とみなとみらいで遊びながら待っていてもらいました。

午前中は、普段見るだけで何年も乗っていない日本丸に乗ってみました。
今日は運良く帆を全開にしていたので、とても優雅な姿を見ることが出来ました。

彼女とデートしている弟(三弟)にも偶然会いました。(*^_^*)
写真は日本丸とランドマークタワーです。

| コメント(2)

GOEMON-1.pngオリジナル ルーピングヨーヨー「GOEMON」の
プロトタイプ1が出来上がりました。

60g、まだまだ重いです。

キャップは既製の成型品を取り付けただけなので、次期試作品製作の時は、キャップも削り出しで製作します。

単価では成型品と勝負できないので、削り出しの質感と精度で勝負していければと考えてます。

LOOPING1.png
Hoeezonの後継機種として出す、ルーピング用のヨーヨー図面を作成中です。

yo-yo-night2.pngYo-Yo-Night に行ってきました。

ヨーヨー世界チャンピオンのお二人(BLACKさん、RAYさん)の素晴らしいパフォーマンスに、ほぼ満席の会場はかなり盛り上がってました。

プレイタイムには、会場の人たちが一生懸命ヨーヨーを練習し、あちらこちらで「できた!」という声が飛び交ってました。

食事やお酒を嗜みながら楽しくヨーヨーが練習でき、しかも世界チャンピオンが指導してくれるという素敵なディナーショーでした。

yo-yo-l.jpgヨーヨー世界チャンピオンのBLACK様より、ヨーヨー製作のご依頼を受けました。

今回製作したヨーヨーは、シルク・ドゥ・ソレイユのオーディションで使用するとの事でしたので、今まで以上のクオリティーを求められていたと思います。

製作したヨーヨーは、写真中央のアルミ削り出し品。

頂いたご感想はこちら↓

2009年度のヨーヨー世界大会で、一緒にヨーヨー製作をしているターニングポイントの木村健太郎選手が3A部門で見事に優勝されました。

| コメント(2)

RT-1.jpgターニングポイント×ジャパンテクノロジーのヨーヨー第2弾

RT」が発売です。

 

前作のリヴァイアサンよりサイズは小さく、エッジも低くなっております。 

kamui1.jpgヨーヨーブランド「ジャパンテクノロジー」製 オフストリング用ヨーヨー「Kamui」の販売受付を開始しました。

お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
(受付は2009年6月30日までとなります。)
※ネット受付は終了しました。
 お申し込みありがとうございました!!

先日の全国大会「2009JN」では、第2位:加川 洋平 選手、第4位:大西 翼 選手が使用されました。

国内トップクラスの選手が使用するほどの品質に仕上がっておりますので、オフストリング用ヨーヨーを検討されている方は是非どうぞ。

japantechnology1.jpg映画「ROOKIES~卒業~」を見てきました。

夢を追いかけることの大切さを改めて感じることができ、いつまでも夢の実現に向けて頑張れる人間でありたいと思いました。

以前から取材などで答えてきた、僕の夢の一つである「自社ブランド」がヨーヨーブランドとして立ち上がることが決まりました。

多くの方々の協力を得て、「JAPAN TECHNOLOGY」が始ります!!!

| コメント(6)

 

オリジナルヨーヨー Hoeezon2 の六角穴加工です。 

Hoeezon2-1.png連休が明けて、少しは仕事が出てくるかと思ったのですがそんなことは無く、今月はかなり悪いです。

メインの機械も止まりそうな状況なので、この機会にあたためておいた自作ヨーヨーの改良版「Hoeezon2」を加工することにしました。

前回の「Hoeezon1」は見た目重視で製作したのですが、これだとコレクションにしかならないので、「Hoeezon2」は思い切って、見た目はシンプルに使用感重視で製作致します。

素材は樹脂を使い、レイダーを越える使いやすさを目指します!!

運の良いことに、世界トップクラスのヨーヨープレイヤーの方々と知り合うことができたので、ご意見を伺いながら、量産まで漕ぎ着ければと考えてます。

| コメント(2)

levia1.jpg

木村様よりご依頼を受け、弊社で製作したヨーヨーが販売しております。
国内はもとより、海外でも販売されております。
う~んグローバル!
http://www.yoyonation.com/product.php?productid=16785&cat=251&page=1

http://www.throwdevice.jp/?pid=10308289

yo-yo-2.jpg

御依頼いただいていたヨーヨーが、やっと完成しました。(^_^)v
何度となくトライ&エラーを繰り返した結果、超リムウェイトな全くブレの無い製品を、量産できる段階までもってきました。

| コメント(10)

何とかオリジナルヨーヨーが完成しました。
まず最初に弟にあげたのですが、かなり気に入ったようすで作った甲斐がありました。

弟の記事

僕の感想は、ルーピング用のヨーヨーとしては結構重く、今後ダイエットが必要だと思いました。

| コメント(7)

オリジナルヨーヨー HOEEZONの本体が、表面処理から帰ってきました。
①梨地白アルマイト②簡易ポリッシュのニッケルクロム
この2種類の表面処理を行い、2個1セットで完成品にしたいと考えております。

| コメント(9)

HOEEZON(ホイーゾン)
Wheel(ホイール)とHorizon(ホライゾン)を掛け合わせて作った造語です。
地平線まで走り続ける車輪をイメージして名付けました。

3月に図面はできていたのですが、機械が空かなかった為、やっとのことで今日から制作をはじめました。

| コメント(6)

全米3Aチャンピオンの木村健太郎さんがオリジナルヨーヨーを制作したいとのことで、弊社にいらっしゃいました。
USAで制作すると価格は弊社の半値以下、しかし精度や細かい注文には対応してくれないということで、弊社に白羽の矢が立ちました。

感覚を大切にする競技なので、求められているのはやはり千分台の公差でしょうか。
大体の作りたい形状や重さなどを伺いましたが、あとはお任せということなので、僕のデザインセンスと加工技術でどこまで良いものが作れるか、といったところです。

もちろん目指すは世界中のスピナー(ヨーヨープレイヤー)に喜んでいただけるヨーヨーを作ること。
「世界一のヨーヨー」です。

こういう依頼はモチベーション上がりまくりです。!(^^)!
話題になれば、量産もあるそうです。

| コメント(6)

YO-YO-1.gif

部品図が完成しました。
ホイール部分はアルミを削り出し、クロームメッキでピカピカに仕上げたいと考えております。
外周はゴムをライニングしようかと考えたのですが、今回は試作品なのでPOMの黒を削ってくっ付ける予定です。

| コメント(2)

WHEEL1.jpg
新入社員のE君が入ったことにより、少し手が空くようになってきたので、以前から考えていた自社製品の第2弾、「ヨーヨー」の製作を進めていこうと思います。

まずデザインですが、車のホイール(ディッシュタイプ)をイメージして加工しようと思います。
こちらのサイトを見てみたのですが、色々なホイールが有るんですね~。

こちらのサイトにあるヨーヨーが世界チャンピオンのヨーヨー

| コメント(5)

旋盤加工.com

LINK

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261